心ゆくまで崖っぷちで読む本

読む読む書く書く、時々考える(旧insolble)

2012-06-05から1日間の記事一覧

【読書070】家守綺譚

「家守綺譚」(梨木 香歩/新潮文庫) 分筆家の私、綿貫征四郎と、庭付きの日本家屋を舞台にした随筆風の小説。 私に懸想するサルスベリ。ボートで掛け軸から現れる亡友。犬のゴロー。小鬼に人魚、四季折々に出没する数多が自然の一部として当たり前に存在する…