心ゆくまで崖っぷちで読む本

読む読む書く書く、時々考える(旧insolble)

2013-09-13から1日間の記事一覧

【読書186】幻色江戸ごよみ

「幻色江戸ごよみ」(宮部みゆき/新潮文庫) 江戸の町を舞台にちょっと不思議な、いわゆる怪異をまとめた短編集で12編が収録されている。 印象に残ったのは、「紅の玉」、「神無月」、「紙吹雪」あたりだろうか。 「紅の玉」 奢侈禁止令下の病妻を抱える飾り職…