心ゆくまで崖っぷちで読む本

読む読む書く書く、時々考える(旧insolble)

国際

【読書346】世界の愛らしい子ども民族衣装

図書館本から。欲しい写真集。 世界の愛らしい子ども民族衣装 作者: 国際服飾学会 出版社/メーカー: エクスナレッジ 発売日: 2016/04/13 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 地域独特の衣装を着て愛らしくほほえむ子供たち。 一方…

【読書344】チェチェンの呪縛 紛争の淵源を読み解く

Kindleオーナーズライブラリーより。 チェチェンの呪縛 紛争の淵源を読み解く 作者: 横村出 発売日: 2013/03/05 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 市民以外の全てが、得をした戦争。 この文章だけで、チェチェン戦争の凄惨さがうかがえる気が…

【読書336】世界の露店

露店、屋台…店舗を持たない営業系統。 世界の露店 作者: アフロ 出版社/メーカー: パイインターナショナル 発売日: 2016/01/16 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 露店は人々の暮らしそのものであると思う。 そんな世界の…、とい…

【読書335】エンジェルフライト 国際霊柩送還士

「エンジェルフライト」感想。死生観の違い、家族を亡くすということ。死者との向き合い方など。

【読書332】ミャンマーの柳生一族

ミャンマーの柳生一族 (集英社文庫) 作者: 高野秀行 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2006/03/17 メディア: 文庫 購入: 6人 クリック: 63回 この商品を含むブログ (49件) を見る 「どこか遠くにミャンマーっていう国があるらしいが、おまえ、知ってるか?」…

【読書331】明日は、いずこの空の下

全く違うジャンルの本なのに、同じ思想を感じる時がある。 奇妙なことにそれは、たまたま連続して読んだ本であったりする。 自分の読書経験の中では、「羆撃ち (小学館文庫)」と「壊れた脳 生存する知 (角川ソフィア文庫)」がそうであったし、本作と「探検家…

【読書329】平和をまとった紳士たち

平和をまとった紳士たち 日本語-英語版 SlowPhoto 作者: 茶野邦雄 出版社/メーカー: 日比野敏一 発売日: 2015/06/01 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る コンゴ民主共和国およびコンゴ共和国内の男性ファッション、サップ。 かつての宗主国、フ…

【読書325】隣のアボリジニ 小さな町に暮らす先住民

隣のアボリジニ 小さな町に暮らす先住民 (ちくま文庫) 作者: 上橋菜穂子 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2010/09/08 メディア: 文庫 購入: 3人 クリック: 11回 この商品を含むブログ (13件) を見る オーストラリアの先住民、「アボリジニ」。その単語か…

【読書323】世にも奇妙なマラソン大会

世にも奇妙なマラソン大会 (集英社文庫) 作者: 高野秀行 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2014/04/18 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (4件) を見る 表題作、深夜の勢いだけでサハラ砂漠でマラソンを走る羽目になった話、ブルガリアで元イケメンオヤジ…

【読書289】バナナの世界史 歴史を変えた果物の数奇な運命

「バナナの世界史――歴史を変えた果物の数奇な運命」 (ダン・コッペル/太田出版/ひたちなか市立図書館書蔵) 小麦、米、とうもろこしに次いで世界第4位の生産量を誇る農産物、実はそれがバナナであるという。 世界で最も多くの人口を上から救っている植物であ…

【読書273】海の翼

「海の翼」(秋月達郎/新人物往来社/守谷中央図書館所蔵) 「いいでしょう」 ビルセルは、即座に快諾した。 「至急、日本人を救うための航空機を派遣してもらえるよう、本国に電報を打ちます」(109ページ) たったこれだけのセリフに、思わず涙がこぼれそうにな…

【読書238】スノーデンファイル 地球上で最も追われている男の真実

「スノーデンファイル 地球上で最も追われている男の真実」(ルーク・ハーディング/日経BP社) 「事実は小説よりも奇なり」 ドキュメントを目にすると暫し思うことであるが、本書もまた、小説よりも奇なる実際の事件の経緯を追ったノンフィクションであった。 …

【読書225】海外で働こう 世界へ飛び出した日本のビジネスパーソン

「海外で働こう 世界へ飛び出した日本のビジネスパーソン」(西澤亮一/幻冬舎) 海外進出を果たした企業の代表者25人へのインタビュー記事から成り立っている。 同年代の方も多く、若手社長とかそういう方が出てくる年齢になったのだなぁとしみじみ思う。 高学…

【読書218】イスタンブールを愛した人々―エピソードで綴る激動のトルコ

「イスタンブールを愛した人々―エピソードで綴る激動のトルコ」 (松谷浩尚/中公新書) イスタンブールに暮らした外国人の活動、関係から、当時のトルコの外交、内政状況に触れられた一冊で非常に勉強になった。 ◾︎ナイチンゲール ナイチンゲールがウスキュダ…

【読書216】そこに日本人がいた!―海を渡ったご先祖様たち

「そこに日本人がいた!―海を渡ったご先祖様たち」(熊田忠雄/) 公的使節団として、芸術への夢を胸に、一攫千金を夢見て、あるいは今の貧困から抜け出すために。 交通網が発展した現代でも遠い数々の異国。敷居の高い海外生活。 様々な事情を抱えて海を越え、…

【読書204】ルポ資源大陸アフリカー暴力が結ぶ貧困と繁栄

「ルポ資源大陸アフリカ―暴力が結ぶ貧困と繁栄」 既得権益を失うことを恐れて、混乱を維持しようとする集団。 虐殺、報復、政治的混乱はもちろん、被害者が加害者となり貧しさに拍車がかかって負のループから抜け出せない。 アフリカに関しては、知れば知る…

【読書196】NATIONAL GEOGRAPHIC 日本版 2013年 10月号

「NATIONAL GEOGRAPHIC 日本版 2013年 10月号」 読まないうちに次の号が届く、定期購読最大の罠にはまりかけているので、11月号が届く前に記録しておこう。 「写真の力」をキーワードに写真の持つ影響力を「WITNESS」、「PROVE」、「RELATE」など6テーマが特…

【読書160】NATIONAL GEOGRAPHIC 日本版 2013年 06月号

「NATIONAL GEOGRAPHIC 日本版 2013年 06月号」 ●青い蜂蜜。 どうやらM&M'sの廃棄物をあつめた結果らしい。 ハチは本来、佐藤に比べて分解して栄養にしやすい花蜜のほうを選ぶが、日照りなどで花が少ないとどんな糖でも集めるようになるらしい。 青色の糖が…