心ゆくまで崖っぷちで読む本

読む読む書く書く、時々考える(旧insolble)

宗教

【読書330】雪男は向こうからやってきた

雪男は向こうからやって来た (集英社文庫) 作者: 角幡唯介 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2013/11/20 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (1件) を見る 「会社を辞めて何をするんだ」 「とりあえず、またチベットにでも行こうかなと思っていますが…」 …

【読書328】カルトの村で生まれました。

Kindle本。めずらしく漫画。 カルト村で生まれました。 作者: 高田かや 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2016/02/12 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る カルトの村…、ある宗教団体のコミュニティーの中で生まれ育った筆者によるコミッ…

【読書224】八日目の蝉

「八日目の蝉」(角田光代/中公文庫) 「自分の愚かな振る舞いを深く後悔するとともに、四年間、子育てという喜びを味わわせてもらったことを、秋山さんに感謝したい気持ちです」(346ページ) 不倫の末に堕胎、子供を産めなくなった女、希和子。 希和子の不倫…

【読書190】日本の10大新宗教

「日本の10大新宗教」(島田裕巳/幻冬舎新書) 天理教、大本、立正佼成会に創価学会。 いわゆる新宗教(新興宗教)の成り立ちや信者獲得の歴史、衰退を客観的に記した良書。 200ページ強で10の宗教について書かれており、全体にあっさりした感じを受けるが、総論…

【読書158】日本のムスリム社会

「日本のムスリム社会」(桜井啓子/ちくま新書) 頑張って書いた感想が消え失せてやる気も消え失せそうだが、もう一回だけ頑張る。 日本各地にあるイスラムモスク。 民家や廃ビル、工場、果てはパチンコ店を改造してできたそこには、ドームも尖塔もないけれど…