心ゆくまで崖っぷちで読む本

読む読む書く書く、時々考える(旧insolble)

森薫

【読書217】乙嫁語り(6)

「乙嫁語り(6) 」(森薫/ビームコミックス) この巻の乙嫁は少しきな臭い話。 以前アミルを連れ戻しにきたアミルの兄アゼル。 有力者に嫁いでいた娘が死んだことで、有力者との姻戚関係を失ったアミルの実家ハルガルにおける状況は、冬を目前に逼迫していた。 …