心ゆくまで崖っぷちで読む本

読む読む書く書く、時々考える(旧insolble)

漫画

【読書261】コウノドリ(2)

「コウノドリ(2) 」(鈴ノ木ユウ/モーニングKC) 一巻が良かったので既刊を一気買いしてしまった。2巻目は人工妊娠中絶をテーマにした「未成年妊娠」、先天性異常である「無脳症」、陣痛室外での出産である「被膜児」、そして「喫煙妊婦(前編)」の四話が収録さ…

【読書259】コウノドリ(1)

「コウノドリ(1)」(鈴ノ木ユウ/モーニングKC) 謎のジャズピアニスト、ベイビー。彼のライブでは2時間を超える演奏がなされることもあれば、わずか10分、激しく演じられることもある。 果たしてその正体は、施設育ちの産婦人科医、鴻鳥サクラ。 本作は産婦人…

【読書258】 山賊ダイアリー5(特装版)

「山賊ダイアリー(5)特装版」(岡本健太郎/講談社) 通常版が欲しかったのだけど、通常版が売り切れていたため特装版を購入。本編の他におまけがついていました。 さて、「休猟期から今年の猟期開始」の5巻は山菜からはじまった。 つくしにタンポポ、タラの芽…

【読書229】しまっちゃうおじさんのこと

「しまっちゃうおじさんのこと」(いがらしみきお/竹書房) ピンクのヒョウ柄というアダルティーな外見。渋いのにテンション高い声。 「はーい!どんっどんしまっちゃうよーー!」 そんな台詞を合い言葉に、強烈なインパクトで通り過ぎていく、彼の名はしまっ…

【読書226】百姓貴族(1)

「百姓貴族 (1) 」(荒川弘/ウィングス・コミックス) 駆け巡るクマ知識!クマ対処法(ムダに)総動員!! かつて酪農と畑作(ジャガイモ)をメインに北海道で農業生活を営んでいた漫画家荒川弘さんの、エッセイコミックス。 食料自給率40%と低迷する日本にあ…

【読書217】乙嫁語り(6)

「乙嫁語り(6) 」(森薫/ビームコミックス) この巻の乙嫁は少しきな臭い話。 以前アミルを連れ戻しにきたアミルの兄アゼル。 有力者に嫁いでいた娘が死んだことで、有力者との姻戚関係を失ったアミルの実家ハルガルにおける状況は、冬を目前に逼迫していた。 …

【読書203】赤ちゃんのカラダ図鑑

「あかちゃんのカラダ図鑑 (幻冬舎文庫)」(寺門琢巳/幻冬舍文庫) コレは異常なことなの?それとも普通のこと? 乳幼児を見ていると浮かぶあんな疑問、こんな疑問をイラストを交えて簡単に解説してくれる一冊。 「あーあるある。気にせんで大丈夫。こうゆう理…

【読書166】高速エンジェルエンジンBGH

「高速エンジェルエンジンBGH」(本仁戻/ポーバックス Be comics) 「高速エンジェルエンジン」(エンエン)シリーズ12年分ぶりの新刊。 この世界には天使と悪魔と人間がいて、天使は少ないけど、悪魔はもっと少ない。天使に狩られちゃうから。 デカビタを愛する…

【読書153-155】山賊ダイアリー リアル猟師奮闘記(1)(2)(3)

「山賊ダイアリー(1) 」「山賊ダイアリー(2)」「山賊ダイアリー(3)」(岡本健太郎/イブニングKC) 漫画だけど分けてカウントするのがめんどくさいので、読書と一本化。 猟銃所持許可・狩猟免許を持つ作者自身の経験を描いた実録風漫画。猟師、シビエ本。 イノ…

【読書104】もっけ

「もっけ(勿怪)」(熊倉隆敏/アフタヌーンKC) 会社の人から借りた。 いわゆる視える姉・静流と、憑かれる妹・瑞生の姉妹が、田舎町で遭う怪異とそのかかわり描く。 レビューでは妖怪との共存がテーマと書かれている場合が多いけど、見える/憑かれる二人が、己…

【読書078】水木しげるの雨月物語

「水木しげるの雨月物語」(水木しげる/河出文庫) 雨月物語(上田秋成)より「吉備津の釜」「夢応の鯉魚」「蛇性の婬」の三篇が、水木しげるの挿絵付きでまとめた一冊。挿絵が多く、構造としては絵本に近い。 雨月物語自体は、江戸時代の読み本で怪異小説9篇か…

【読書063】きのう何食べた?(6)

「きのう何食べた?(6) 」(よしながふみ/モーニング KC) 会社帰りの本屋で見つけて即買い。 電車で普通に読んだけど、いつもよりもホモ分豊富で、ちょっとだけいたたまれない気持ちになりました。 肝心の料理部分は、時間をかけずに手間かけて、な感じのする…

【読書062】乙嫁語り(4)

「乙嫁語り 4巻」(森薫/ビームコミックス) 新刊が出たよー!!! アマゾンで発売日チェックしてたので、早速買ってきました。 行きつけの某書店では平積み6列だったよ。大人気だな。 今回の乙嫁は、騒々しい双子の子。 相当騒々しいw本当に騒々しいwww 相変…