心ゆくまで崖っぷちで読む本

読む読む書く書く、時々考える(旧insolble)

【読書316】壊れた脳 生存する知

「壊れた脳 生存する知」(山田規畝子/角川ソフィア文庫) 病をきっかけとして、性格、人格が変わってしまう・・・。都市伝説のように稀に聞く話だが、そのようなことは実際あるのだろう。 アルツハイマーをはじめとする認知症や、脳の病気、怪我など原因とさ…

【読書214】子供の「脳」は肌にある

「子供の「脳」は肌にある」 (山口創/光文社新書) このように考えてくると、「体」を豊かに育むことによつて、結果として豊かでしなやかな「心」が育つ。 そしてしなやかな感性をもつた「心」から、「頭」が発達するという順番になるだろう。(中略)本書では…