心ゆくまで崖っぷちで読む本

読む読む書く書く、時々考える(旧insolble)

【読書008】大日本天狗党絵詞

新装版 大日本天狗党絵詞」全3巻(黒田硫黄/講談社アフタヌーンKC)(参考:wiki大日本天狗党絵詞」)

  

若くして天狗になることとなった女、シノブを主人公として展開する冒険譚。

ジャンルとしては現代ファンタジーもしくはサイエンスフィクション。

黒田硫黄さん(参考:wiki黒田硫黄」)の連載デビュー作。

絵は下手ではない。むしろ上手い。

ただし、万人に受ける上手さではない。非常に取っ付きにくい絵でもあるのだ。

ダイナミックな作画および構図は、ほぼすべてが筆絵で描かれており、慣れるまでは少し読みにくい。

ただし、絵に慣れてさえしまえば、本当に引き込まれる作品である。

野望や欲望、憧憬、寂寥感等々、登場人物たちの我が絡み合って物語はすすんでいく。

作中、『人が、自分は人間ではなく天狗なのだと気付いた瞬間、人間は天狗になり、天狗は、自分が天狗なんかではないと気付いた瞬間にからすに戻る』シーンなどは哲学的でもある。

なんだかすごくアドレナリンの放出される漫画だった。

絵に拒絶反応を示さずに、一度読んで欲しい。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村