心ゆくまで崖っぷちで読む本

読む読む書く書く、時々考える(旧insolble)

【読書009】よいこの君主論

よいこの君主論」(架神恭介、辰巳一世/ちくま文庫)(参考:公式「よいこの君主論」)

マキャベリの「君主論」をベースに、小学五年生のクラス内覇権争いを解説してます。

クラス単位での話になるので登場人物が多すぎて、戦力関係が把握しにくいのがネックかな。

イラストや勢力図など、わかりやすいように配慮はされてはいるんだけどね。

勢力図にもイラストがあるともっとわかりやすいんだろうけど、そうなるとページ使うし、その辺は妥協点。

ふざけているんだけど、不真面目に書いてある感じはしません。

すっごい真面目にふざけてる。

あと、プリンに対する評価が過大すぎるw。

ここまで戦術的かはともかく、小学生って似たようなことやってる気がしなくもない。

社会の縮図っていってしまうには小さな世界だけどね。

全体にブラックジョークな世界だし、会話形式で話が進んでいくので、だいぶ好き嫌いはあるかな。

本書を君主論の入門書として読んでもいいかは不明ですけどw、マキャベリの「君主論」が気になり出しました。

んー、読もうとは思わないんだけど、どれほど、本書が「君主論」に忠実なのか気になります。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村