心ゆくまで崖っぷちで読む本

読む読む書く書く、時々考える(旧insolble)

【読書017】仏果を得ず

仏果を得ず 」(三浦しをん/双葉文庫)

仕事でもある芸術と恋愛と人間関係と。

「時に思い悩みながらも、夢に邁進する主人公」が描かれている点から、ジャンルは青春小説だと思う。

舞台設定が文楽(人形浄瑠璃)、しかも義太夫(歌い手)というマイナーなところにあるため、最初は状況がつかみにくい。

だが、読み進めているうちになんとなく分かるようになってくる。

背景などはきちんと書かれているから、知らない人にも親切な感じ。

しかし解説的ではないので、小説としての質は損ねない。

無駄に詰め込まれた恋愛要素が、作品自体の評価を下げる例も多いけど、本作では主人公の悩みの一要素として、きっちり活きてくる。

文楽を知っていても知らなくても楽しく読める。

それどころか、読者に、文楽自体にも興味をいだかせることに成功している。

三浦さんの作品は初読ですが、本作を読む限りでは娯楽小説的な文章が上手な方だなぁ、という印象でした。

機会があったら何冊か読んでみても良いかもしれない。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村