心ゆくまで崖っぷちで読む本

読む読む書く書く、時々考える(旧insolble)

【読書020】羆嵐

羆嵐」(吉村昭/新潮文庫)(参考:wiki三毛別羆事件」)

本作のモチーフは、「三毛別羆事件」と呼ばれる国内では最も大きな獣害事件。

1915年、大正時代に北海道の三毛別で起きた、ヒグマによる開拓民の殺傷事件です。

最近TVで取り上げられたみたいですね。

私は事件名を聞いてwikiを読んでみたんですが。

wikiの記述なのに非常に臨場感溢れ、読んでていて怖くなってきます。ちょっとした小説みたい。

獣害事件ですので、wikiの記載にもグロテスクな表現があります。苦手な方はご注意下さい。

wikiがおもしろかったのと、先日読んだ「雪の花」の作者である吉村昭さんが本事件をモチーフに一冊書かれているようでしたので購入してみました。

さて、本作、ジャンル的にはドキュメント小説、ノンフィクションなんでしょうけど、ホラー的要素が多分に含まれています。

前半、1/3くらいまではゆっくりと確実に恐怖がつのっていきます。

こんなに怖いのにまだ、あんまりページがすすんでない!みたいな。

吉村さんの淡々とした文章が恐怖を増長させるのに一役、時間がゆっくりすすむ間隔が味わえます。

後半は解決に向けスピード感を増していきます。

でも羆に対する恐怖感は最後まで内包したまま。

すっきりとは終わりません。

長さとしては短編だと思うのですが、非常に満足感のある一冊でした。

吉村さん、はまってしまいそう。

図書館に歴史小説全集があったので一冊借りてきました。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村