心ゆくまで崖っぷちで読む本

読む読む書く書く、時々考える(旧insolble)

【読書_番外】沖縄諸々

9月末に沖縄旅行に行く予定なので、借りたり買ったりでいろいろ読んでいます。

まっぷる沖縄'11」(マップルマガジン)

基本の基。るるぶと迷ってまっぷるにしました。

宿泊予定のホテルの一つと全体地図が掲載されてます。

広告が多いなぁという印象。ホテル、食事、ダイビング…。

ダイビング関係は別冊になってる程の充実っぷり。

今回美ら海水族館に行きたいので、ダイビングまではしている時間がなさそうなのが残念。

沖縄の人だけが食べている」(仲村清司/夏目書房)

沖縄に移住した視点での沖縄の食。エッセイに近いかな。

取り扱っているのは食材でも料理でもなく、またそのどちらでもあり、まさしく「食」と言う感じ。

2003年発行だからちょっと古め。

一つ問題があって、語り口がちょっとうざい。エッセイ系は本当に相性があると思いました。

桔餅とムーチーと、山城饅頭、島にんじんが気になる。興味の方向は甘い系が多い。

 

沖縄、島ごはん」(森岡尚子/ ネコパブリッシング)

有機、オーガニック、ハーブと好きな人は好きなんだろうけど、私は苦手。

写真は綺麗なので、眺めてる。

ちなみに私、初沖縄です。

超楽しみ。

スーパーいってあやしげな食品買い込んで、再現レシピごっこするんだーと今から意気込んでおります。