心ゆくまで崖っぷちで読む本

読む読む書く書く、時々考える(旧insolble)

【読書_番外】

1001 Natural Wonders You Must See Before You Die

日本語版は「1001 世界の絶景

某バラエティー番組で取り上げられて日本語版は絶賛プレミア価格中&英語版の方がずっと安かったので英語版を購入。基本眺めて楽しむだけだしね。

かく言う私も、某バラエティー番組見てて、欲しくなった。

A5サイズながら辞書よりも厚い。

写真はちょっと粗め。印刷は中国で、正直本としてはいまいちな部分もあるけれど、3000円以下だからなぁ。

いつかページがばらばらになりそうで怖い。

で、Amazonでもう一冊、似た系統の本を購入。

Journeys of a Lifetime: 500 of the World's Greatest Trips」(National Geographic)

日本語版は「いつかは行きたい 一生に一度だけの旅 BEST500

こちらも英語版は3000円以下。ただ、最初に一冊目に比べて、ちゃんとした作りの本という印象。印刷は米国。

写真が粗いのはサイズを考えるとある程度仕方ないし。

両方あわせても6000円弱と思えば十分楽しめます。

どちらかを購入するならば、圧倒的に二冊目の方がお勧め。一冊目は正直いまいちです。

本棚に場所を確保できるのであれば写真集集めるのも楽しいよね。

本棚の圧迫っぷりは半端じゃないです。本棚新調したい。

海外旅行もそうだけど、洋書を買うなら今だよね。

円高万歳価格。その意味でもAmazon価格は割と適正な気がしました。

もちろん、日本も何カ所か掲載されています。

しかし、「DEPACHIKA SHOPPING IN TOKYO」ってどうゆうことよw

東京のデパ地下でショッピング。確かに超楽しいけど、デパ地下って日本独自の文化なんでしょうか。ちょっと謎。

ただ、どっちもモアイが乗ってなくて悲しい。