心ゆくまで崖っぷちで読む本

読む読む書く書く、時々考える(旧insolble)

【読書032】陽だまりの彼女

陽だまりの彼女」(越谷オサム/新潮文庫)

んー。ジャンルは恋愛小説かな。

ストーリーもオチもオーソドックスな感じ。

端的には、中学時代の同級生の彼女(訳あり)と大人になって再開して、甘々に恋愛して結婚するお話。

小中学生向けと考えれば、まぁまぁかな。

空からかわいい女の子降ってこないかな~」とか「かわいい女の子型ロボットとか落ちてないかなー」とかの下心を多分に含む妄想を具現化しただけのファンタジックなストーリー&オチで、大人になってしまうと恥ずかしいを超えてだいぶ痛々しい。

そういう意味では美しい時に消える(もしくは消失の危機にあう)のは一つのセオリーなんだけど、甘々部分に伏線が張り巡らせているわけでもないから、ラストは唐突感が否めない。

恋愛小説として楽しむには、甘いシーンでの彼女の心理が見えなすぎて、主人公が一方的なように感じてしまう。

個人的に、本屋で彼女の正体を調べるシーンは完全な蛇足だと思う。

この手のお話で、相手が消えた後に、主人公が相手の正体に気づくってのもまた、大道ではあるのだけど。

におわすだけで終われば情緒なのに、説明してしまったことで台無しな感じ。

最近のAmazonレビューが当てにならない率が高くて、ちょっと困ってます。