心ゆくまで崖っぷちで読む本

読む読む書く書く、時々考える(旧insolble)

【読書035】死者のための音楽

死者のための音楽」(山白朝子/MF文庫ダ・ヴィンチ)

タイトルと球体人形を思わせる表紙絵に惹かれて購入。

表題作の「死者のための音楽」を含む七編が収録された短編集。

怪談というには怖くないので奇譚かな。幽玄な感じを目指したイメージ。

全体的に非常にオーソドックス。

鬼物語」が比較的面白かったかな。

いくつかの視点で語られるので、ちょっと人物がわかりにくいですが、サスペンスホラー的などきどき感が一応あります。

意外性を狙った結果、とっても普通の結末を迎えるお話ばかり。

いっそ意外性など気にしなければ良いのになーと思って調べたら山白朝子さんとは乙一さんの別PNだそうで。

乙一さんの初期作品は好きだったんですが、期待して読む→残念な気持ちになるを繰り返した作家さんなので、もう読む気が無かったのに。なんだか詐欺に遭った気分です。

*****

引き継ぎであわあわしたり、自分の送別会兼忘年会があったり、青春18切符で神戸まで行ってきたりしていました。

岡崎から神戸に向かう電車の中4時間あったのに、結局文庫本一冊読み終わらなかったり。

いったい私は何をしていたんでしょうか。

寝ていたわけではないんだけどなぁ。