心ゆくまで崖っぷちで読む本

読む読む書く書く、時々考える(旧insolble)

【読書048】一鬼夜行

一鬼夜行」 (小松エメル/ポプラ文庫ピュアフル)

舞台は江戸末期。

閻魔顔の喜蔵の家の庭に、大食い妖怪の小春が百鬼夜行から落ちてくるところから話は始まる。

喜蔵の家にちゃっかり住み着いた小春と、喜蔵の友情物語。

文章は単調。

正直、感想がねー。思い浮かばない。

言っちゃ悪いが、萌え小説。キャラ萌えできないと楽しくない小説だと思う。

キャラ萌えで大ファンがいそうだなぁという印象。

そうゆう意味では、河童の姐さんはかわいかった。

義理実家の本棚から義母さんの本をごっそり借りてきたんだけど、妖怪もの好きだなぁ。義母さんw

借りてきているもう何冊かも妖怪ものなので、しばらく妖怪小説祭りです。