心ゆくまで崖っぷちで読む本

読む読む書く書く、時々考える(旧insolble)

【読書050】もののけ本所深川事件帖 オサキ鰻大食い合戦へ

もののけ本所深川事件帖 オサキ鰻大食い合戦へ」(高橋由太/宝島社文庫)

ぶつくさ言いながらも読んでいる「もののけ本所深川事件帖オサキ」シリーズの二冊目。

前作よりは少しだけ読みやすくなったかな。

今読んでいる3冊目もなんだけど、怪異の噂から、主人公周吉が夜回りに行き、怪異に遭遇して、ピンチになり、解決するってのが基本パターンですかね。

そんでもって、怪異の犯人は妖怪ではなく人でしたってオチ。

連続放火事件の犯人と噂される朱引き稲荷のベニ様狐。江戸稲荷の頂点に君臨するおこん狐。

金百両が賞金の大食い大会。

あと、副題とタイトルがひねりがなさすぎて長すぎるよなぁ。