心ゆくまで崖っぷちで読む本

読む読む書く書く、時々考える(旧insolble)

【読書052】水木しげるの妖怪事典

水木しげるの妖怪事典」(水木しげる/東京堂出版/岡崎市立図書館所蔵)

本文は辞典とよりも、水木しげるのイラスト付きエッセイ。

水木しげるは本当に漫画絵がうまいなぁと思います。

ちなみに、本書を読んで、「文庫版 豆腐小僧双六道中ふりだし」(京極夏彦/角川文庫)が、いかにこの本の影響をうけて書かれているか、わかりました。

本書に書かれている設定から、いろいろ拾って来たり膨らませたりで、ああゆう話になるのかーと思うとなんだか妙に感心。