心ゆくまで崖っぷちで読む本

読む読む書く書く、時々考える(旧insolble)

【読書065】ちょんまげ、くろにくる ぽんぽこ もののけ江戸語り

ちょんまげ、くろにくる ぽんぽこ もののけ江戸語り」(高橋由太/角川文庫)

 

「ぽんぽこ もののけ江戸語り」シリーズの三作目。

 

前作の後編にあたる。ジャンルは時代妖怪物のラノベだと思う。

 

戦闘シーンが多いけど、爽快感があってよし。ただ、キャラクターとあいまって戦国無双とかその辺のゲームぽい。

 

ボリューム的には前作と一冊でもいけたくらいだと思うけど、二冊に分けたのが正解かなぁ。

私は前作から本作まで新刊待ちの時間があったから大丈夫だったけど、一度に読んだら、死ぬためにキャラクターが出てきた感じがしたかも。

 

オチが甘いかなー。

綺麗に解決するし勧善懲悪で、その辺はいいんだけど、死んだ人がただ死んだだけなのがちょっとなぁ。もったいない。

 

一応、高橋さんの作品では唯一お勧めしても大丈夫なシリーズ。