心ゆくまで崖っぷちで読む本

読む読む書く書く、時々考える(旧insolble)

【読書075】おやすみ、こわい夢を見ないように

おやすみ、こわい夢を見ないように」(角田光代/新潮文庫)

 

予定日はジミー・ペイジ」が面白かったので、角田さん二冊目。

 

全く関係ない女たちの悪意が露呈していく。サスペンス的な7編の短編集。

 

根拠のある、根拠のない、明確な、唐突な。

あれだけ悪意を露呈させて、読後の不快感がこの程度で済むのはさすが、といっていいのか。

 

個人的には「空をまわる観覧車」が怖くてよかった。

加害者が、自分だけが「終わった」と思っていたことに気づくお話。

 

個人的には「予定日はジミー・ペイジ」程ではないかな。

 

角田さんの書籍なら図書館にありそうだし、そのうち借りてこようと思います。

買うほどではないかもしれないけど、何冊かはあたりがありそうな予感。

あたりがあったら、それを文庫で購入しよう。