心ゆくまで崖っぷちで読む本

読む読む書く書く、時々考える(旧insolble)

【読書086】精神科ER―緊急救命室

精神科ER―緊急救命室」(備瀬 哲弘/集英社文庫)

 

府中病院の精神科ERに勤務していた筆者の手記の様な感じ。

 

本書中で筆者自身も悩みの対象としているが、ERという部署の特質上、長期的なケアができない。

そのため本書においても急性症状に対する処置とその後については過程なしの結果の伝聞のみとなっている。

そういった意味では物足りなさを感じた。

 

おかしいではなく病状。

でも、それは病気なのか性格なのか?

難しく興味深い命題が散りばめられているものの、内容が手記にとどまっており、かといってドキュメントでもないので…。

 

続編があるようだけど、そちらは読まないかな。残念ながら続編を読ませるだけの魅力ある内容ではない。