心ゆくまで崖っぷちで読む本

読む読む書く書く、時々考える(旧insolble)

【読書087】旅する胃袋

旅する胃袋」(篠藤 ゆり/幻冬舎文庫)

 

◆内容紹介

標高4000メートルの寺でバター茶に癒され、香港で禁断の食材を味わい、砂漠で人生最高のトマトエッグスープに出会う――。食に対してずば抜けた好奇心を持つ著者が、強靭 な胃袋を通して世界に触れた11の風味豊かな旅。「美味しいっ」と言う旅人に、土地の人はこんなにもあたたかな顔を見せてくれる。世界の美味が楽しめるレシピ付き。

 

文句なく面白かった。

タイトル通りの食の旅行記。

タイ、モロッコ、アジア。

読んでいるだけで食べたくなる現地料理の数々。

 

筆者自体の語彙も豊富で、情景が想像しやすい。

前半のハイテンションと後半の少ししんみりした感じ。

 

「美味しいけど妙にハエがたかってそれだけは辟易」とかなかなか言えない。

きれいなだけじゃない、だけど確かにおいしい。

貧乏旅自慢じゃない。すごいことしているというわけじゃない。

美味しいを求めて、時に興味関心の赴くままに右往左往。

 

非常に面白かった。コラム的に各章に記載されているレシピは、材料をそろえるのが大変そうなものが多くて、本当におまけ程度だとおもうけど、それでも作ってみようかな、と思わせるだけのなにかがある。

中華が食べたくなる。タイ料理が食べたくなる。謎の地方の料理が食べたくなる。

 

とてもおすすめの一冊。