心ゆくまで崖っぷちで読む本

読む読む書く書く、時々考える(旧insolble)

【読書099】たぶらかし

たぶらかし」(安田 依央/集英社文庫)

 

主人公は冬堂マキ、もうすぐ40歳。

 

嫌な仕事、嫌なイベント。そんな時誰もが一度は妄想しそうな「誰か代わりになってくれたら…」。

そんな気持ちをかなえる会社、「ORコーポレーション」に所属する役者だ。

 

日常生活に潜む女優業。

こなす役どころは死体にはじまり、花嫁、母親。

契約期間も単発の一次契約から長期契約、はては、人生をかけた永年契約まで。

 

なかなか面白かったけど、とりあえずモンゾウいないほうが面白い気がする。

モンゾウがいるから起承転結があって、小説として成立しているんだけど、マキが役者としてかかわる他人の日常を描く短編が読みたい。

 

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村