心ゆくまで崖っぷちで読む本

読む読む書く書く、時々考える(旧insolble)

【読書160】NATIONAL GEOGRAPHIC 日本版 2013年 06月号

NATIONAL GEOGRAPHIC 日本版 2013年 06月号

 

●青い蜂蜜。

どうやらM&M'sの廃棄物をあつめた結果らしい。

ハチは本来、佐藤に比べて分解して栄養にしやすい花蜜のほうを選ぶが、日照りなどで花が少ないとどんな糖でも集めるようになるらしい。

青色の糖がむしろ美しく見えるのは物珍しいからだろうか。

青という色だから、食欲はわかないが。

 

●満員のエベレスト

登頂中の死者は登山者157名に対して、地元スタッフ83名。母集団の数が違うだろうから、一概には比較できないが、興味深いのはその死因だ。

地元スタッフの死因の一位は雪崩、二位はクレパス、氷瀑の崩壊となっており、この2つに限って、登山者よりも地元スタッフの死者数の方が多い。

 

ノルウェー 消えゆくクジラ捕り

クジラ自体よりもクジラ猟師が消えつつあるというお話。日本国内もあんまり状況は変わらない。

供給が減っても、消費者側のニーズも減っているから価格も高騰せず、クジラ食は消えゆく文化なのだと思う。

 

余談だが、ゴールデンウイークに夫が独りでクジラを食べて帰ってきた。ずるい。

 

 

美味しそうだけどイワシクジラは臭いんだっけ?

 

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村