心ゆくまで崖っぷちで読む本

読む読む書く書く、時々考える(旧insolble)

【読書229】しまっちゃうおじさんのこと

しまっちゃうおじさんのこと」(いがらしみきお/竹書房)

 

ピンクのヒョウ柄というアダルティーな外見。渋いのにテンション高い声。

「はーい!どんっどんしまっちゃうよーー!」

そんな台詞を合い言葉に、強烈なインパクトで通り過ぎていく、彼の名はしまっちゃうおじさん...!

 

朝寝坊したとき。好き嫌いしたとき。

悪い子はしまっちゃうおじさんにしまわれちゃうのである。

果たしてしまっちゃうおじさんはぼのぼのの脳内存在なのか?

 

絵本だけど大人向け、それもしまっちゃうおじさんを知っている人向け。

そういった意味では、ファンブック的なものであろう。

 

教育的に始まって、ちょっと不思議で、ある意味、夢のある内容なので、純粋に絵本としても楽しめるのかもしれない。だが、子供が絵本として楽しむためには、今度はサイズが小ささすぎる。

 

しまっちゃうおじさんファンとしては大満足。

絵本を選ぶ親の立場では、もう少し子供でも楽しめるものを期待していたので、少し残念であった。

 

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

 

*****

 

読書と一緒にしようか迷ったけれど、一応項目を分けてみました。