心ゆくまで崖っぷちで読む本

読む読む書く書く、時々考える(旧insolble)

【読書285】ゴーストハント2 人形の檻

ゴーストハント2 人形の檻」(小野不由美/メディアファクトリー/ひたちなか市立図書館書蔵)

 

心霊現象に関する調査を行う、渋谷サイキックリサーチ。

その事務所に一件の依頼が舞い込んだ。

曰く「古い一軒家に引っ越してから、何となくおかしい。物が消えたり、妙な音が聞こえたりする。気のせいならばそれでいい。とにかく調査をしてほしい。」と。

所長のナル、助手のリン、そしてアルバイトの麻衣はその屋敷の調査を始める。

 

そして実際に遭遇する怪奇現象。

依頼人の典子、兄嫁の香奈、前菜の娘の礼菜。使用人と不在の主人の秘書、無口な出入りの職人と入り組んだ人間関係が、怪奇をきっかけにこじれていく。

ポルターガイストはあからさまになり、家具の大々的な移動やガスの事故にまで発展する。

そこには隣人達すら知らない、過去があった。

 

徐々に明るみになる因果。そして終焉。

ゴーストハントの題名通りいわゆる幽霊退治の物語でありながら、そのストーリーはミステリの王道を辿る。

ナルを探偵、心霊現象を殺人事件と読み替えると、それだけで本格ミステリなのだ。

なのに、ちゃんと怖い。ホラーとして成立している。

その筆力はさすがとしか言いようがない。

 

***

 

今年はここまででしょうか。

今年の読破数は71冊とだいぶふるわない感じに。

出産、引越しと全く本を読まない月があったのが効いているかな。

来年こそは100冊読みたいものです。

 

それでは皆さま、よいお年を。

 

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村