心ゆくまで崖っぷちで読む本

読む読む書く書く、時々考える(旧insolble)

【読書311】ゴーストハント6 海からくるもの

ゴーストハント6 海からくるもの」(小野不由美/幽BOOKS/ひたちなか市立図書館書蔵)

 

「代替わりの時に、死人が続く」。

能登の海の近傍に佇み、一族で会員制の料亭を営む吉見家には、そんな呪いが言い伝えられていた。

先代のときも、先先代の時も、多くが死んだ。そして今また、代替わりの時なのである、と。

 

知っていても思わず口を閉ざさずにはいられないような、連続の不審死。

依頼を受けて能登を訪れたSPRといつものメンバーたちは、調査を進めていくうちに、呪いの歴史が古いこと。呪いのはじまりでは吉見家ではないことに気づく。

 

麻依の夢、文献調査からいくつかの可能性が示唆されるが、その全てが調査が困難なほど古い。

立川信仰、異人殺しの伝説、駆け落ち伝説…、民話や伝承に残る、過去の無念の気配。怪しいことが多すぎるのだ。

果たして、真犯人は何なのか。

判明したのは、かつてないほど壮大な怪異の正体だった。

 

本来なら探偵役となるナルが、序盤から不在となるため、いつもよりも謎解きの要素が強い。

飛び抜けてはボーサンと綾子だろうか。

 

怪奇の原因は、死霊ばかりではない。

生者の思惑や意図せぬ超能力が介在している場合もあるし、もとは人であった、もはや死霊の域を超えた存在や、今回のように、流れ着いた「神」が黒幕の場合もある。

怪異のタイプも色々だ。

一匹狼タイプ、他者を喰う蠱毒、そして他者を使役するタイプ。

生きている者を殺すために殺す者、仲間にするために害するもの、結果的に障りとなってしまうもの。

当然、祓う方法も多岐に渡る。加えて、祓う能力自体も、実に様々なのだ。

 

そう、本巻で大活躍するのが正に、発動に特殊条件持ちでの能力者である綾子である。

そういう意味では、超能力とも通じるが、発動条件が揃わずに、己の能力に気付かぬまま、能力と決別するというパターンは多いのかもしれない。

 

グロテスクな描写も含めての、小野不由美ワールドを満喫できる。最終巻が楽しみである。