心ゆくまで崖っぷちで読む本

多読してTOEIC430点から630点を目指すブログ

[多読]ALADDIN AND THE ENCHANTED LAMP

5冊目。アラジンと魔法のランプ。

物凄い突っ込みどころ満載。色々いいのか、それで?

 

Aladdin and the Enchanted Lamp: Stage 1 (Bookworms Series)

Aladdin and the Enchanted Lamp: Stage 1 (Bookworms Series)

 YL1.9 5,221語

アラジンは普通に働かないニートで、しかもニートからさして努力もなくランプのジニーゲットだし、姫は夢で一目見たアラジンには愛があるとか言い出すし。王様は王様で、マジで財産だけあればおっけーだし。

みんながみんな、楽して儲けろの精神だよね。語数制限されているからなのか?そもそもそういう話なのか?

 

最後は悪い魔法使いを物理的に抹殺してハッピーエンド。

 

おはなしとして読んでも、なかなかのトンデモっぷりでした。

これがああなるんだから、ディズニーは偉大だ。

 

ところでwikiを読んでいて、アラジンと魔法のランプが千夜一夜物語には入ってないと知り、ショック。

魔法のランプやアリババ意外の千夜一夜物語のリトールドないかなー?