心ゆくまで崖っぷちで読む本

多読してTOEIC430点から630点を目指すブログ

【読書347】イメージでわかる表現英文法

Kindleセールから。

イメージでわかる表現英文法 (「英文法の本質」をビジュアルで解説)

イメージでわかる表現英文法 (「英文法の本質」をビジュアルで解説)

 

読書数としてどうカウントするべきか迷ったけど…。まぁ一冊は一冊だ。

多読の合間に、日本語を読みたくなった時の英語学習本として活用してました。

 

言葉の持つコアの意味を捉えることで、英語の理解を深めましょうというスタンスの一冊。

しかし結局「ネイティブが捉えるinのイメージ」を理解しないと使いこなしに繋がらないわけだから、コアを捉えることで覚えることが減るかっていうとそうでもない。

むしろより高度な認識を要求している気がする。他言語理解って本来こういうものなんだろうな。

 

私の場合、(英語学習に限らず)パターンを増やすことがとにかく効果的なのがわかってるので、そういう意味では、まず語彙を増やして本書のいうコアでグルーピングする、という考え方はアリかも。実際、多読していて、この単語のコアってなんだっけ?と思った。

 

現状では、ニュアンスの差の理解を日本語の語彙力で補ってるので、コアの理解は文章理解を補完してくれる気はしてる。

 

真面目に単語学習を追加しました。昔からそこが課題。