心ゆくまで崖っぷちで読む本

多読してTOEIC430点から630点を目指すブログ

【読書365】「食べる」の驚異の仕組み

Newton。何冊か続きます。

 前回は食べた結果「肥満」の記事だったけど、今回はその原因である「食べる」という行為について。全体としては消化の特集だったようだけど、購入してあったのはこの食べるの部分のみ。

あふれてくる唾液の原料は、実は「血液」です。

 唾液の原料…、考えたことなかった…。

母乳も血液だから、言われると違和感ないというか、そうかもしれないって感じではあるが。

 

嚥下障害を予防するにはカラオケが一番とのこと。コロナの影響でカラオケは苦境だろうけど、このまま続けば嚥下障害は増えるのかしら?

 

16ページと短く、目新しい情報もなく、物足りない感じでした。特集の導入部だったのかなー。特集全体を読んだらまた違う感想があるかも。

 

同じ食べるに対するアプローチでも、色々あるね。

 食べることは生きること。


 食事は文化そのもの。

insolble.hatenablog.jp