【読書129】食糧の帝国―食物が決定づけた文明の勃興と崩壊

「食糧の帝国―食物が決定づけた文明の勃興と崩壊」(エヴァンD.G.フレイザー、アンドリュー・リマス、藤井美佐子(訳)/太田出版) 食糧交易網の発達をベースとして栄華を誇る文明「食糧帝国」。 過去から現在に至るまで、多数の食糧帝国が生まれ、繁栄し、そして消えていった。 古くはメソポタミアに栄えたシュメール人たちの…