心ゆくまで崖っぷちで読む本

読む読む書く書く、時々考える(旧insolble)

【読書104】幻覚ピカソ

幻覚ピカソ 1」「幻覚ピカソ 2」「幻覚ピカソ 3」(古屋兎丸/ジャンプコミックス)

  

 

夫の友人おすすめ。

サイコさんがサイコさんでやっぱりサイコさんだった話。

 

飛行機事故によって、ただ友人を失ったピカソことヒカリ。

同時に死ぬはずだった自分を救ってくれたのは、その時死んだ友人だった。

 

体の腐敗を食い止めるためには人助けをしなければならない。

 

心の闇を描くスケッチ、その絵の中に入り込み、相手の闇を葬ることで、徐々にクラスになじんでいくピカソ

 

そして最後、止まっていた時間が動き出す。

 

3巻という短さながら、そこそこ上手にまとめてある。

ジャンプという掲載紙上、サイコ分を薄めようとしたからか、妙にたどたどしかったりするけど。

好みはありそうだけど、結構面白い。