心ゆくまで崖っぷちで読む本

多読してTOEIC430点から630点→700点を目指すブログ

原作

【読書455】ふしぎ駄菓子屋 銭天堂

本屋に平積みされていたシリーズがプライムリーディングに入っていたので、読んでみた。 ふしぎ駄菓子屋 銭天堂作者:廣嶋 玲子発売日: 2013/05/15メディア: 単行本(ソフトカバー) 白髪だけどお婆さんと呼ぶには若い女性、紅子さんの営む駄菓子屋銭天堂。 …

【読書453】やなせたかし 明日をひらく言葉

やなせたかし 明日をひらく言葉 PHP文庫発売日: 2015/11/27メディア: Kindle版 prime reading。 「アンパンマン」の原作者で知られるやなせたかしさんの作品の一説と、エッセイ的な文章を組み合わせて編纂したものなのかな。 おそらく紙の本では見開き2ペー…

【読書443/444/445】輪るピングドラム

輪るピングドラム (上) 【小説版】 (一般書籍)作者:幾原邦彦発売日: 2014/10/01メディア: Kindle版 輪るピングドラム (中) 【小説版】 (一般書籍)作者:幾原邦彦発売日: 2014/11/01メディア: Kindle版 輪るピングドラム (下) 【小説版】 輪るピングドラム(ノ…

【読書436/437/438】空の境界

空の境界 全3冊合本版 (講談社文庫)作者:奈須きのこ発売日: 2015/01/09メディア: Kindle版 オタクがバレる3冊分。 Kindle未読減らすためには読まなければならなかった3冊。 おそらく一回紙で読んでいると思うんだよね。紙の本は処分してしまい、Kindleセー…

【読書429】金田一耕助ファイル3 獄門島 (角川文庫)

金田一耕助ファイル3 獄門島 (角川文庫)作者:横溝 正史発売日: 2012/10/01メディア: Kindle版 結局続けて読んだ横溝正史。 金田一耕助の目線で語られ、一緒になって騙される連続殺人事件。 復員後、友人の戦死を伝えるために獄門島を訪れた金田一。 「自分…

【読書428】金田一耕助ファイル1 八つ墓村

金田一耕助ファイル1 八つ墓村 (角川文庫)作者:横溝 正史発売日: 2012/10/01メディア: Kindle版 半分ぐらい読んで放置していたのを読了。 「金田一耕助ファイル5 犬神家の一族 (角川文庫)」と並び、何度もドラマ化されている名作。 読んだことはなくても名…

【読書426】復活の日

復活の日発売日: 2013/11/26メディア: Prime Video コロナ禍で読みたい過去の名作。 書かれたのが1960年代半ば、舞台が1970年代だから、当時としてはちょっと先の未来を想像したサイエンスフィクション。 後書きによるとコンセプトは細菌戦であるらしい。 火…

[多読]The Walking Dead #1 (English Edition)

多読54冊目。 The Walking Dead #1 (English Edition)アーティスト:Moore, Tony作者:Kirkman, Robert発売日: 2009/07/13メディア: Kindle版 漫画ってどうなんだろう?と思って買ったけど、当初は全く歯が立たなかったウォーキングデッドの一巻。 漫画は、Kin…

【読書417】ミスト 短編傑作選

ミスト 短編傑作選 (文春文庫)作者:スティーヴン・キング発売日: 2018/05/10メディア: Kindle版 言わずと知れたホラーの王様。 スティーブンキングはいつか原著で読みたいなぁと思うんだけど、全体的に長いんだよね。 本作のジョウントくらいならなんとかい…

[多読]Coraline 10th Anniversary Edition

52冊目。昨年2月に挫折したコラライン。 意を決して取り掛かってみたけれど、やはりかなり辛かった。 Coraline 10th Anniversary Edition作者:Gaiman, Neil発売日: 2003/08/01メディア: ペーパーバック 全体的にわりとおどろおどろしいダークファンタジー。…

【読書411】恐怖の谷

久しぶりシャーロック・ホームズ。 恐怖の谷 【新訳版】 シャーロック・ホームズ・シリーズ (創元推理文庫)作者:アーサー・コナン・ドイル発売日: 2015/09/30メディア: Kindle版 「緋色の研究 【新訳版】 シャーロック・ホームズ・シリーズ (創元推理文庫)」…

【読書404】それいけズッコケ三人組

それいけズッコケ三人組 (ズッコケ文庫)作者:那須正幹発売日: 2018/04/27メディア: Kindle版 Amazon kids+。 自分が子供の頃からある。息の長い児童書。 本屋でよく見かけるので、人気があるんだな、と思っているんだけど、これを推す人や好きだったと言う…

【読書361】海難1890

積読消費年間。 海難1890作者:小松江里子,豊田美加発売日: 2015/11/27メディア: Kindle版 定期的に読んだり調べたりしているトルコ関係のお話の一つ。 映画のノベライズ版のようだけど、かなりあっさりとしていた。 海難1890 ダイジェスト版なのかしら?…

【読書359】ヒックとドラゴン

映画を見て面白かったので、原作買ってみた。日本Amazonでは英語Kindle版が見つけられなかったので、紙の日本語版を購入。 ヒックとドラゴン 1 伝説の怪物 (How to Train Your Dragon (Japanese)) 作者:クレシッダ・コーウェル 発売日: 2009/11/18 メディア:…

[多読]My Father's Dragon

8冊目。 日本では「エルマーのぼうけん」で有名な児童書。 My Father's Dragon YL 3.5 7385語 児童書だし、読んだことあるからストーリー知ってるしと、油断して読み始めたら、なかなかの難物でした。 読み始めたタイミング的には2冊目だったんだけど、全く…

【読書318】【読書319】天皇の料理番(上)(下)

「天皇の料理番・上」「天皇の料理番・下」(杉森久英/集英社文庫) 宮内省大膳職司厨長(料理長)秋山徳蔵。大正期から昭和期に生きた料理人であり、日本における西洋料理、特にフランス料理の第一人者である。本作の主人公は「秋沢篤蔵」は秋山徳蔵の経歴を…

【読書189】てるてるあした

「てるてるあした」(加納朋子/幻冬舎文庫) 中高生向け現代ファンタジー。 高校受験が終わり、中学校を卒業して高校入学間際の春休み。 両親の夜逃げにより、高校へは進学できなくなり、遠い親戚だという「鈴木さん」を頼って、佐々良にやってきた照代。 居候…

【読書185】面白南極料理人

「面白南極料理人」(西村淳/新潮文庫) ある意味、究極の旅本であり食事本。 日本の南極観測基地中でも標高3810mに位置する、ドームふじ。 有名な昭和基地からは1000㎞離れており、南極で最も低温な領域のひとつ。 本書はそんなドームふじ第38次越冬隊(1996-1…

【読書096】【読書097】呪われた町<上><下>

「呪われた町 (上)」「呪われた町 (下) 」(スティーブン・キング/集英社文庫) アメリカの田舎町「セイラムズ・ロット」に立ち寄った小説家の青年。 地元では有名なお化け屋敷「マーステン館」への奇妙な転入者。 やがて連続する死者、消える死体、徘徊する亡…

【読書073】まほろ駅前多田便利軒

「まほろ駅前多田便利軒」(三浦しをん/文春文庫) 第135回(平成18年度上半期)の直木賞受賞作品。 東京のはずれに位置する「まほろ市」。その駅前にある便利屋「多田便利軒」の主人多田と、転がり込んできた多田の高校時代の同級生、行天。 二人を中心にした…