心ゆくまで崖っぷちで読む本

読む読む書く書く、時々考える(旧insolble)

ブックカバー

転職して電車通勤になって1年半、通勤時間を利用した読書を再開して、1年強がたちます。

布のブックカバーを作ってみたりはしたけれど、布だと厚みがあるのとたわむのが嫌ですぐに使うのを辞めてしまっていました。

ただ、夏場は汗をかくし、カバンの中に入れておくと、気づかぬ間に表紙に傷が出来たりしてがっかりする。

最終的には適当なコピー用紙を追って使う、というところに落ち着いていたのだけど、どうにも見栄えが悪い。

可愛い紙のブックカバーはいろいろあるけど、消耗品だから高いものは買いたくない…。

で探していて見つけたのがこちら。

可愛い上にお安い。ブックカバー三枚としおりが入って157円。

ブルーとイエロー購入。

ペラペラではないけど厚紙でもないので、すごく程よい感じ。

売り切れる前に他の色を買い足してもいいかも。

文房具つながりで。

ツタンカーメン&ネフェルティティボールペン。色はどちらも青。

会社で使っているけど、マジでつかみはばっちりですよ。

先日は常務が胸ポケットにセットしてポーズとっていたから、「かっこいいですね、モテますよ!」って言っておいた。

これがほしいと騒いだときに、冷たい目をした夫は、反省するといい。