心ゆくまで崖っぷちで読む本

読む読む書く書く、時々考える(旧insolble)

【読書283】きちんと!伝わる! 文章の書き方 身につく便利帖

きちんと!伝わる! 文章の書き方 身につく便利帖」(澤野弘/学研パブリッシング/ひたちなか市立図書館書蔵)

 

ごくごく基本的な文章の書き方の本。

文語体と口語体、「てにをは」の使い方、就職後を使うことのポイントなど、どちらかというと「もう知っているよ!」という内容が9割だった。

内容は簡単な国語の教科書のようであったが、わざわざ一冊の本が出ていることを考えると、本書に書かれていることすら出来ていない例が多いのだろうなぁ。

 

●慣用句は使った方がいいけれど、古すぎる慣用句や言い回しは控えた方がいい。

たしかに、いきなり「カモシカのような足」や「けんもほろろに」と言われたら、意味は分かるけどちょっと古くさい感じがするかもしれない。

 

●漢字とひらがなのバランスは3:7を意識する。カタカナ語は多用しない。

3:7という具体的な数はなかなか面白い。

はたしてこの文章の配分はどうなっているのだろうか?

 

果たして良い文章とは何だろうか。

心に残ること?きちんと伝わること?

教科書レベルをおさえた後に大切なのは、古すぎず軽すぎず硬すぎず、なバランス感覚なのだろう。

むしろそのバランスを教えてほしい。

 

私にはビジネス文書を書くときに使ってはいけない「比喩表現」の例として挙げられている

天高く登る竜のように、業績が上がっています。(189ページ)

なんて、すごくインパクトがあって、いい表現のように思えるのだけど。

 

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村