心ゆくまで崖っぷちで読む本

読む読む書く書く、時々考える(旧insolble)

読書

【読書314】壊れたおねえさんは、好きですか?

「壊れたおねえさんは、好きですか?」(中村うさぎ/文芸春秋) 仕事も金もあるし、パートナーも、友人もいる。 だけど、自分には性的魅力がない?! フェロモン、性欲、性的趣向。下ネタ満載のぶった切りエッセイ集だ。 整形やホスト通いといった行動、本作に…

【読書313】黄泉坂の娘たち

「黄泉坂の娘たち」(仁木英之/角川書店/ひたちなか市立図書館書蔵) 現世と狭間にある黄泉坂。 現世への執着心から坂を越えられず、変調をきたした魂はやがてマヨイダマとなってしまう。 そこで無念の魂が現世の障りとならぬように、無念を断ち切り黄泉坂を超…

【読書312】ゴーストハント 7 扉を開けて

「ゴーストハント 7 扉を開けて」(小野不由美/幽BOOKS/ひたちなか市立図書館書蔵) 思うにゴーストハントシリーズは、大きく二つに分けられる。学校の怪談、と、館の怪談である。 最終巻である本作は、学校を舞台にした館の怪談、といえるのではないだろうか…

【読書311】ゴーストハント6 海からくるもの

「ゴーストハント6 海からくるもの」(小野不由美/幽BOOKS/ひたちなか市立図書館書蔵) 「代替わりの時に、死人が続く」。 能登の海の近傍に佇み、一族で会員制の料亭を営む吉見家には、そんな呪いが言い伝えられていた。 先代のときも、先先代の時も、多くが…

【読書310】迷宮レストラン

「迷宮レストラン―クレオパトラから樋口一葉まで」(河合真理/日本放送出版協会) 本を読んでいて、この人はどんなものを食べていたのだろう?と疑問に思うことはないだろうか。 あるいは物語に出てくる美味しそうな料理が、実際はどんなものか想像がつかなか…

【読書309】営繕かるかや怪異譚

「営繕かるかや怪異譚」(小野不由美/角川書店/ひたちなか市立図書館書蔵) 怪奇現象との共存。それはありえるのだろうか。 気にしなければいいとはいっても、気になるから怪奇なのだ。家鳴りも木の継ぎ目が軋む音、と納得してしまえばそこに妖怪や怪異の入り…

【読書308】ゴーストハント5 鮮血の迷宮

「ゴーストハント5 鮮血の迷宮」(小野不由美/ひたちなか市立図書館書蔵) 元首相の所有する屋敷で「謎の失踪者」が発生した。しかもそれを捜索にしにきたものの中からもさらなる失踪者が出ているという。 調査のためにSPRと集められたその他いつものメンバー…

【読書307】レパントの海戦

「レパントの海戦」(塩野七生/新潮文庫) 地中海三部作と言われる一連の作品の最終作。 本作ではコンスタンティノープルの陥落から118年後、前二作では脇役であったヴェネチアを主軸に西欧キリスト世界VSオスマン・トルコの、最後の海戦が描かれる。 政治は血…

【読書306】すごい毒へんな毒

「へんな毒すごい毒」(田中真知/技術評論社) 生物毒、人工毒、麻薬に薬…。人体に影響を与える化学物質は既知ものだけでも星の数ほどあり、未知ものものまで含めればその数は計り知れない。 本書では「毒」をテーマに、その詳細を2-3ページで紹介する理系雑学…

【読書305】ロードス島攻防記

「ロードス島攻防記」(塩野七生/新潮文庫) ドルチェと呼ばれるほどの甘い気候、薔薇の咲き乱れる古代文明の気配を感じる島、ロードス。 エジプト・シリアを手中に収めたトルコにとっては内海と呼べる東地中海に位置しながら、キリスト教の宗教軍である聖ヨハ…

【読書304】イスラームの世界地図

「イスラームの世界地図」 (文春新書/21世紀研究会) 「イスラム原理主義」、「イスラム過激派」、ニュースを賑わすそんな単語に、なんとなくイスラム=過激で怖いもの、というイメージをもっていないだろうか。 本書は しかしイスラームについて、私たちは何…

【読書303】ゴーストハント4 死霊遊戯

「ゴーストハント4 死霊遊戯」(小野不由美/メディアファクトリー/ひたちなか市立図書館書蔵) 前巻に引き続き学校が舞台となる本作。 科学的解決、本格ミステリー調の古い怨霊、超能力ときて本作のテーマは呪いだ。 2巻目に続いて、正統派のゴーストバスター…

【読書302】白蓮れんれん

「白蓮れんれん」(林真理子/集英社文庫) 歌人柳原白蓮。本名伊藤燁子(れんこ)。 華族の妾腹の子として生まれながら、九州の石炭王伊藤伝右衛門に嫁ぎ、人妻でありながら、社会運動家で法学士だった宮崎龍介と恋仲になりやがて駆け落ち同然に出奔する。 姦通…

【読書301】文明を変えた植物たち ーコロンブスが遺した種子

「文明を変えた植物たち―コロンブスが遺した種子」(酒井伸雄/NHK出版/ひたちなか市立図書館書蔵) コロンブス以降、ヨーロッパ世界には新大陸原産の数々の植物がもたらされ、現代文明の礎となった。 その中でも影響が大きかったと思われる6つの植物が、ジャガ…

【読書298】オーケンののほほんと熱い国へ行く

「オーケンののほほんと熱い国へ行く」(大槻ケンヂ/新潮文庫) インドへの取材旅行記、そしてタイへのバックパッカー体験旅行記の2編からなる旅エッセイ。 旅エッセイとしては、可もなく不可もなくな感じなのだが、熱い国ならではの徒労感が伝わってくるのは…

【読書297】彼女のこんだて帖

「彼女のこんだて帖」(角田光代/講談社) 食べることは生きること。 本書は誰かの日常のなかにある食事がモチーフの連作短編集である。 ある話の脇役が主人公となって次の物語へと繋がっていく様子は、まるで、日常の家庭料理のようだな、と思った。 なんだか…

【読書296】三島由紀夫―剣と寒紅

「三島由紀夫―剣と寒紅」(福島次郎/文芸春秋) 若くして名を馳せ、文壇、芸能にと活躍し、最後は割腹自殺という壮絶な死を遂げた文士、三島由紀夫。 その同性の情婦であった福島次郎視点での三島由紀夫を描いた作品が本作である。 「三島文学を理解する上での…

【読書295】ショッピングの女王

「ショッピングの女王」(中村うさぎ/文芸春秋) 消費は快楽だ。それは間違いない。 動機はどうであれ、経済状態がどうであれ、価格がどうであれ、消費は快楽なのだ。 モノを買うという消費行動自体が、私にとって快楽なのである。そして残るのは、ガラクタの…

【読書292】ゴーストハント3 乙女ノ祈リ

「ゴーストハント3 乙女ノ祈リ」(小野不由美/ひたちなか市立図書館書蔵) 私立湯浅高校という女子校から依頼が舞い込んだ。曰く狐狗狸さんによる狐憑きに美術準備室の幽霊、部室のポルターガイスト現象と学校で怪異が連続しているという。 実際に調査に向か…

【読書290】魔女の宅急便

「魔女の宅急便」(角野栄子/角川文庫) スタジオジブリによって映画化もされた、児童文学の名作である。 ずっと読みたいと思っていたのだが、どうしても映画のイメージが先行してなかなか手を出せなかった作品なのだが、文庫化されたのをいい機会とばかりに購…

【読書289】バナナの世界史 歴史を変えた果物の数奇な運命

「バナナの世界史――歴史を変えた果物の数奇な運命」 (ダン・コッペル/太田出版/ひたちなか市立図書館書蔵) 小麦、米、とうもろこしに次いで世界第4位の生産量を誇る農産物、実はそれがバナナであるという。 世界で最も多くの人口を上から救っている植物であ…

【読書285】ゴーストハント2 人形の檻

「ゴーストハント2 人形の檻」(小野不由美/メディアファクトリー/ひたちなか市立図書館書蔵) 心霊現象に関する調査を行う、渋谷サイキックリサーチ。 その事務所に一件の依頼が舞い込んだ。 曰く「古い一軒家に引っ越してから、何となくおかしい。物が消え…

【読書284】ゴーストハント1 旧校舎怪談

「ゴーストハント1 旧校舎怪談」(小野不由美/メディアファクトリー/ひたちなか市立図書館書蔵) 今はもう使われていない「旧校舎」。 その舞台だけで、なにか怖い話が眠っている気がする。 幽霊の正体を科学的に分析する。 しかし、科学的分析では謎として残…

【読書283】きちんと!伝わる! 文章の書き方 身につく便利帖

「きちんと!伝わる! 文章の書き方 身につく便利帖」(澤野弘/学研パブリッシング/ひたちなか市立図書館書蔵) ごくごく基本的な文章の書き方の本。 文語体と口語体、「てにをは」の使い方、就職後を使うことのポイントなど、どちらかというと「もう知っている…

【読書282】集めてみました 開運 世界のお守り

「集めてみました 開運 世界のお守り」(世界のお守り研究会/ひたちなか市立図書館書蔵) 一言にお守りと言っても、伝統的なもの、最近のブームに乗ってでてきたもの、入手しやすいもの、人の形に動物の形、幾何学模様、宗教的なものに呪術的なもの、さらには…

【読書281】世界の民族衣装

「世界の衣装」(アフロ、芳賀ライブラリー/パイインターナショナル/ひたちなか市立図書館書蔵) 小型本ながら、世界の民族衣装の写真がフルカラーで掲載された写真集である。 コメントはなく純粋に写真のみというのは逆に珍しいのではないだろうか。 ビーズ、…

【読書280】五龍世界(WOOLONG WORLD)―霧廟に臥す龍

「五龍世界(WOOLONG WORLD)―霧廟に臥す龍」(壁井ユカコ/ポプラ社/ひたちなか市立図書館書蔵) 幼い頃、口減らしのために導師の元に捨てられた主人公ユギ。 彼女にとって、彼女を引き取ってくれた導師は恩師であり保護者であり気になる相手でもある。 酒に溺れ…

【読書279】マンモスを科学する

「マンモスを科学する」(鈴木直樹/角川学芸出版/ひたちなか市立図書館書蔵) いまからもう10年近く前、2005年3月から愛知県で開催された万国博覧会、「愛・地球博」の最大の呼び物の一つ「冷凍マンモス」の展示。 その冷凍マンモスを万博で展示するに至る経緯…

【読書278】気候が文明を変える

「気候が文明を変える」(安田喜憲/岩波書店/ひたちなか市立図書館書蔵) 環境考古学的見地から、文明の繁栄と衰退を論じた一冊。 古い本ながら、現在の流行りである複雑系としての文明論に通じるエッセンスがたくさん含まれている。 花粉分析は古典的手法なが…

【読書277】0~5歳児の発達と保育と環境がわかる本

「0~5歳児の発達と保育と環境がわかる本」(大竹節子/ひかりのくに) いかにして遊び、いかにして過ごすか。家庭内で保育することと、保育園での保育。対集団である保育園と対個人である家庭で、もちろん違いは大きいだろうが、保育園での過ごし方を家庭での保…